首こり薬ランキング情報

首は重たい頭を支えているため、もともと非常に負担がかかりやすい部分です。この首がこると非常につらいですし、放置しておくと頭痛などにもつながってくるため、できるだけ早く改善を目指したい「こり」の一つです。

こり対策のために、ドラックストアに行くとさまざまなお薬が販売されていますが、多くのケースで痛みを取り除く効果があるもので、飲み続けることに不安を感じるものもあります。

お薬はどうしても副作用問題、習慣性が出来てしまうのではないかという不安、さらに痛みをとることが出来ても、首がこる根本的な原因の解決にならない。といった問題を抱えることがあります。

そのため、出来ればお薬ではなく副作用の不安が少ないサプリメントを活用したい。と考える方も多くいます。

ここでは、首こり改善におすすめのサプリメントをご紹介し、どうしてサプリメントには副作用の心配が少ないのか、そのほかのお薬と一緒に飲んでも良いのかをご紹介します。

首こりにおすすめできるサプリメントランキング

  1. 笑みの種

    笑みの種の特徴とは?

    ・血液の流れを改善するイチョウの葉エキス配合
    ・生姜&黒生姜からだを温め冷えを改善
    ・マリーゴールド由来のルテイン配合
    ・女性に必要な葉酸200㎍配合
    ・美肌のビタミン、ビタミンEをたっぷり配合
    価格 通常価格:3,200円 定期購入:初回980円 2回目以降2,720円
    送料 無料
    有効成分 イチョウ葉エキス、生姜&黒生姜、ルテイン
    内容量 1袋120粒(1日目安4粒×1か月分)
    評価 ★★★★★

    笑みの種は、首こりの原因となるめぐりの悪さの改善におすすめできるサプリメントです。

    イチョウの葉エキス配合により血行を改善し、さらに生姜&黒生姜のパワーで体をあたため、冷えからくるめぐりの悪さの改善が見込まれます。ルテインが配合されることで、目の疲労をやわらげ、目からくる凝りの改善も期待できます。

    公式サイトはこちら

  2. なごみ美人

    なごみ美人の特徴とは?

    ・4つのめぐり成分、3つのほぐし成分、3つのいたわり成分配合
    ・女性に嬉しい3つの美容成分も配合
    ・45日間返金保証付き
    ・無着色、無香料、保存料など無添加
    ・GMP認定工場で製造
    価格 定期便:初回 1,980円 2回目以降3,980円(通常価格から20%OFF)
    送料 無料
    有効成分 しょうが麹、クレアチン、マカなど
    内容量 1袋60粒(1日目安2粒×1か月分)
    評価 ★★★★★

    なごみ美人は、イチョウの葉エキスやヒハツなどのめぐり成分、からだを温めるショウガ麹などのほぐし成分、リラックス成分テアニンなどいたわり成分が含まれたサプリメントです。

    冷えやストレスなどが原因で起こるめぐりの悪さを改善し、首こりを和らげる効果を期待できるサプリです。美容成分も配合で女性にはうれしい処方です。

    公式サイトはこちら

  3. きなり

    きなりの特徴とは?

    ・サラサラ成分DHA・EPA・DPAが合わせて510㎎配合
    ・魚のプロフェッショナル「マルハニチロ」と共同開発
    ・魚臭さを感じない
    ・クリルオイル配合で吸収力UP
    ・15日間返金保証付き
    ・日本古来の健康酵素ナットウキナーゼ配合
    ・GMP認定工場で製造
    価格 通常価格:5,695円 毎月お届けコース:初回 1,980円
    送料 無料
    有効成分 DHA、EPA、DPA、ナットウキナーゼなど
    内容量 1袋120粒(1日目安4粒×1か月分)
    評価 ★★★★★

    きなりは魚加工品で有名なマルハニチロと共同開発された魚のパワーであるDHA・EPA・DPAが詰まったサプリメントです。

    吸収しやすいようクリルオイルを配合するなど、しっかりと成分を取り入れる工夫がされているため、効果が実感されやすいサプリメントです。

    公式サイトはこちら

サプリメントはどうして副作用の心配が少ないのか

お薬よりもサプリメントの方が副作用の心配が少ないとよく言われますが、そもそもどうしてサプリメントは副作用の心配が少ないのでしょうか?

サプリメントは食品衛生法によって規制されている食品の一つで、正式には健康補助食品といいます。食事からなかなか補うことが出来ない成分を食事とは別に補助するために摂取するという目的を持っています。

お薬は薬事法によって規制されている医薬品で、病気や疾患を治療する目的で摂取するものです。その主たる目的を達成するために、場合によっては副作用が起こってしまう可能性もあります。

そもそも副作用というのは、主たる作用とは異なる作用が体に起こることで、このような副作用の心配があるようなものは、医薬品としてしっかりと管理される必要があります。サプリメントは医薬品ではないため、そもそも副作用が少ないのではなく、副作用はない食品です。

副作用がないならお薬と一緒に飲んでもOK?

副作用のないサプリメントなら、お薬と一緒に飲んでも問題がないのかと思うかもしれませんが、一概に問題がないとは言えません。

例えば、高血圧症の治療薬を飲んでいる人の中には、グレープフルーツを食べることで血圧が下がり過ぎるリスクがあるために、グレープフルーツの摂取を控えるように指導されることがあります。

同じようにサプリメントの成分が、お薬の効果を高めすぎたり、効果を出しにくくしてしまうということが起こる場合があります。

高血圧症の治療薬の中には、血液を固まりにくくするための抗凝固薬の成分が含まれたお薬がありますが、イチョウ葉エキスなどの血行を改善させる成分によって、お薬の効果が高まり過ぎる危険性もあります。

お薬を普段飲んでいるという方は、必ず医師にお薬とサプリメントの飲み合わせについて相談をすることが必要です。

サプリメントも飲み過ぎれば過剰摂取になることもありますので、目安量を守ることも大切です。